シャンプー&トリートメント

【洗い流さないトリートメントは頭皮に絶対ダメ!】その理由とは

普段から、洗い流さないトリートメントは使っていますか?

お風呂の中で使う場合もありますが、ほとんどがお風呂上がりのタオルドライ後に付ける洗い流さないタイプのトリートメントです。

毎日シャンプーをするだけでは、ヘアケアとしては物足りません。

そこで今回は、シャンプーと併用することで髪の内部・外部両方からヘアケアが可能な、洗い流さないトリートメントについて説明します。

「洗い流さないトリートメントを初めて知った。」という人にも、分かりやすく紹介しますよ!

 

洗い流さないトリートメントのメリット

髪の内部をケアしてくれるシャンプーも多くなりましたが、シャンプーは基本的に汚れを洗浄する為のものです。

シャンプーで綺麗にした髪の、キューティクルの内部まで栄養素や美容液成分を届けてくれるトリートメントは、ヘアケアにとってとても重要です。

もちろん、シャンプーと同じシリーズでトリートメントを使用している人も多いでしょう。

それもとても大切なことですが、洗い流さないトリートメントを併用することで更にヘアケアに磨きをかけることが出来ます。

誤解しないでほしいのが、”トリートメントやコンディショナーは付けたら十分に流した方が良い!”という言葉を良く聞きますが、これは洗い流すタイプのトリートメントのことです。

では、洗い流さないタイプのトリートメントとは何が違うのでしょうか?

ポイント💡洗い流さないトリートメントの大きな利点は、流さないことによって髪に付着している量が多くて長い為、髪を保護してケアする時間が長いことにあります。

また、タオルドライ後のドライヤーの熱によって髪はダメージを受けますが、このダメージを軽減する効果もあるのです!

洗い流さないトリートメントの使用方法はとてもシンプルで簡単ですが、使用の際の注意点が存在します。

 

洗い流さないトリートメントの種類

現在、市販のドラッグストアにも多くの種類の洗い流さないトリートメントが売られています。

市販の安いシャンプーやトリートメントと比べると量も少ないので、あまり馴染のない人は割高に感じてしまうと思いますが、高いのにはそれだけの理由があるのです。

洗い流さないトリートメントにはいくつかの種類が存在し、代表的なもので言うとクリーム状になったクリームタイプのものや、オイル状のオイルタイプのものなどがあります。

クリームタイプは最も種類が多いとされていて、粘度が高く潤いを与える効果が大きいのが特徴です。

また、オイルタイプは液状なので手の平に取って広げやすいのが特徴です。オイルなので、紫外線やドライヤーの熱から守るのに大きな力を発揮します。

少し変わったもので言うと、ミストタイプというのもあります。

ミストタイプはスプレータイプで、髪に”プシュッ!”と吹きかけて手やブラシで馴染ませるだけで、簡単にトリートメントの効果を得ることが出来るのです。

手を汚さずに出来ることは利点ですが、顔周りや首回りに付いてしまうことも多い為、使用には少しコツがいるトリートメントとも言えます。

以上のように、洗い流さないトリートメントには多くの種類があり、値段も様々です。

それぞれのタイプによっても使用感や効果が違ってくるので、自分の好みや悩みに合った洗い流さないトリートメントを探すのが重要ですよ!

 

洗い流さないトリートメントは絶対頭皮に付けてはダメ!

洗い流さないトリートメントには多くのメリットがありますが、間違った使い方をすると髪や頭皮のトラブルを招くことにも繋がるので注意が必要です。

洗い流さないトリートメントは基本的に髪の毛にだけ付けるものなので、仮に頭皮に付いてしまった場合、頭皮のトラブルを引き起こす要因ともなり得ます。

髪の毛を保護する能力が高い洗い流さないトリートメントですが、毛穴についてしまうとトリートメント剤が毛穴を塞いでしまい、そのまま一日を過ごすことになってしまうんですね。

結果、毛穴の詰まりによって頭皮にニキビが出来たり、炎症を起こすこともあります。

最悪の場合、フケやかゆみ、かぶれなどの症状を引き起こし、頭皮環境が悪化してしまう危険性があるのも事実です。

洗い流さないトリートメントの中には、しっかりと使用方法について注意書きがされているものもありますが、中には明記が不十分なものも存在します。

洗い流さないトリートメントはあくまで髪だけに付けるものなので、頭皮には決して付けないようにしましょう!

これはタイプ別関係なく、どの洗い流さないトリートメントにも言えることです。髪は毛先に行くに連れてダメージを良く受けます。

洗い流さないトリートメントで一番ケアしなければいけない場所は”毛先”です!

ポイント💡おすすめの付け方は、毛先を先につけてから、残ったトリートメントで髪の中央から毛先に向かって付けてあげるやり方です。

これで毛先を重点的にケアでき、頭皮にもつけずにトリートメントが使用できます。

 

洗い流さないトリートメントの選び方

「洗い流さないトリートメント、使ってみようかな?」と思った人に、選ぶ際の注意点を紹介します。

トリートメントを選ぶ前に、自分の髪の状態や悩みについて考えてみて下さいね。

・髪の状態・悩み(枝毛や切れ毛が気になる、パサパサする、髪が広がる・絡まる、ボリューム感が無いなど)

・こんな髪になりたい(サラサラ、ふんわり、ボリューム感のある、しっとりなど)

これらの情報を確立することによって、自分に最適な洗い流さないトリートメントを探すことが出来ます。

私がおすすめするのは、”オイルタイプのトリートメント”です。その理由は、オイルタイプはクリームタイプよりも値段は高いですが、クリームタイプと比べて使用しやすいからです。

実際、洗い流さないトリートメントの中で使用している率が高いのが、オイルタイプのトリートメントです。

なぜかと言うと、人それぞれ髪質が違いますが、”その色々な髪質に対応できる力をオイルタイプは備えているから!”です。

またその香りにも注目で、一度嗅いでみると多くの女性に支持される理由が分かりますよ♡

主に手の平に取ってから使用しますが、オイルタイプなので綺麗に流したい場合は石鹸を使わないとオイル感は取れません。ここは、気になる人には厄介ですね。

私が長い間愛用している洗い流さないトリートメントは、ケラスターゼの「NU ソワン オレオ リラックス」です。

ケラスターゼの中でも、常に首位を獲得している大人気トリートメントです!以前はサロン専売商品でしたが、今は通販サイトでも手に入れることが出来るようになりました。

【2019年版】ケラスターゼ人気ランキングTOP10【シャンプー&トリートメント】ヘアケアにケラスターゼを取り入れたい!でも、今人気の商品はどれなんだろう?ランキングから自分に合った商品を選びたいな~。こんな疑問・要望に答えるため、ケラスターゼの人気商品であるシャンプー&トリートメントをランキング形式で10種類(+α)紹介!メーカー認定正規販売店以外は偽物あり!...

※近年、メーカー認証正規販売店ではないお店での購入によって、偽造品・模倣品の被害が増えています。正規販売店以外からの注文にはくれぐれも注意して下さい。

 

まとめ

洗い流さないトリートメントを現在も使用している人で、その使用方法をしっかりと確認してこなかった人は、この機会に使用方法について考え直してみて下さい。

洗い流さないトリートメントは、付けた後次に頭を洗うまで髪についたままです。

せっかくのトリートメントの効果を悪影響としない為にも、頭皮には絶対につけずに髪の毛先を中心に付けてあげて下さいね。

洗い流さないトリートメントを使ったことが無い人も、一度使ってみるとその指通りと使用感にビックリする筈です!

自分の髪に合った洗い流さないトリートメントを探してみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。洗い流さないトリートメントの使用方法について考え直す、良い機会となれば幸いです!

ABOUT ME
かりん
かりん
1歳児を育てる主婦。 10年以上こだわり抜いたヘアケア情報は、10年近くお世話になっている美容師からもお墨付き。 様々な髪の悩みを解決するべく、ヘアケア情報を提供中。 アイドル・可愛い子が大好き。
RELATED POST