薄毛・抜け毛

【ハゲは筋トレが原因!?】薄毛を効率良く発毛促進する方法とは

「筋トレはやり過ぎるとハゲる。」と聞いたことがありませんか?これには、薄毛の原因となる男性ホルモンが関係しています。

男性ホルモンの「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結びつくと、脱毛ホルモンを分泌します。

この脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」こそ、薄毛の原因となるのです。

基本的に、筋トレをすると男性ホルモンが刺激されてテストステロンが生成されやすくなりますが、このテストステロンが全てジヒドロテストステロンになるわけではありません。

逆に、ある程度筋トレを行わない方が、薄毛になりやすいとも言えます。そこで今回は、筋トレの効率的なやり方で発毛を促進する方法を紹介します!

 

筋トレと髪の毛の関係性

結論から先に言うと、”筋トレをやり過ぎたからと言って、必ず薄毛になるわけではない。”です。

筋トレによって男性ホルモンであるテストステロンが増えるとされていますが、多くの人が20代を過ぎるとこのテストステロンの分泌量は低下します。

加齢によってテストステロンが減り出すと、体はそれを補おうとしてさらに強力なジヒドロテストステロンを生成しようとします。これこそが、加齢による薄毛進行の原因なのです。

【おでこが広いとM字ハゲになる!?】AGAに効果的な育毛剤とはおでこが広い人は、「もしかしたら将来M字ハゲになってしまうのかも…」と不安に感じる時があるのではないでしょうか? M字ハゲになって...

「じゃあ、筋トレをしてテストステロンを分泌させた方が薄毛にならないじゃないか?」と思いますよね?その通りです。

筋トレによって作られたテストステロンは、必ずしも5αリダクターゼと結合するわけではありません。筋肉に含まれる、アンドロゲンレセプターという別の受容体と結合することもあります。

ポイント💡テストステロンが足りないことによってジヒドロテストステロンを生成するよりも、テストステロンを増やして、アンドロゲンレセプターと結合させた方が良いのです。

また、「激しい運動をするほど、テストステロンの分泌量が減る。」といった話もあるので、筋トレが髪の毛の健康を悪化させるとは言い切れません。

しかし、筋トレと薄毛の結びつきを気にするなら、頭皮環境に注意しなければなりません。汗をかいた頭皮は、薄毛の原因となる雑菌が大量に発生します。

 

薄毛対策には頭皮環境が重要

「筋トレ」というと、ガッツリ汗をかいて体内の悪いものを外に出す!というイメージがありますよね?

これはもちろん間違った情報ではありませんが、その排出された汗に含まれる毒素は、排出されてから早めに除去しないと、その場で悪事を働きます。

汗が放置されることで、時間経過とともに雑菌が繁殖し、体全体・頭皮の臭いやかゆみの元となるのです。

この汗が悪化することで、女性特有の頭皮のあせもや湿疹にも影響します。近年では、赤ちゃんだけでなく、大人にもあせもや湿疹が出来やすいとされています。

筋トレによる汗だけでなく、髪の長い女性の場合は髪を結わいたり帽子を被る機会が多く、当然その分頭皮が汗をかきやすくなっています。

男性と比べて皮脂量の少ない女性は、”汗をかきやすいのに乾燥しにくい”といった特徴があります。よって、筋トレによる汗も女性の方が早く対処した方が良いということになりますよね。

ポイント💡筋トレなどの汗による薄毛というと、男性の方がなりやすいようなイメージがありますが、女性も他人事ではありません。40代を過ぎると多汗症状に悩む女性が多いのも現状です。

薄毛以外の頭皮トラブルを起こさない為にも、常に頭皮環境を綺麗に保つことが重要となります。

筋トレによって頭皮環境を悪化させない為にも、なるべく「お風呂前の筋トレ」を徹底しましょう。

筋トレによって高められた血行が、入浴によって相乗効果で更に良くなりますよ!

入浴の重要性についてはこちら。

【毎日シャワーだけで美髪は無理!】入浴の重要性とNG方法とは毎日、お風呂に浸からずシャワーだけで済ませてはいませんか? 入浴は美髪になるのに、非常に重要な要素です。湯船につかるだけでリラック...

 

筋トレは血行改善&ストレス解消にも効果的

筋トレなどの汗による危険性について説明しましたが、筋トレは血行を良くしたり、ストレス解消にも効果があることでも知られています。

髪や頭皮は、日々体内の血液循環によって必要なエネルギーや栄養素を吸収しています。この血液循環が滞れば、それだけ髪や頭皮に元気が無くなってしまうのです。

逆に血行が良ければ良いほど、必要な栄養素を運んでくれるので、髪や頭皮の健康状態が良くなると言えますよね?

筋トレは体を動かす運動ですから、当然代謝が良くなることによって血行が改善され、体内で必要な栄養素がどんどん循環されることになります。

また、運動をすることでストレスの解消にも繋がります。スポーツのような闘争心を燃やすものでは、逆にストレスが溜まってしまう可能性もありますが、筋トレは違います。

それも、しっかりと筋トレによるダイエット効果や、「自分の目標の体型の為に頑張れた!」という気持ちは、日を増すごとに自信へと繋がり、同時にストレスの発散にも影響するのです。

しかし、筋トレもやり過ぎは良くありません。筋トレの基本は、”効果的な部分を集中して鍛えること”にあります。

無理して体を傷めてしまわないように注意して下さいね。

簡単に出来る筋トレで、忘れがちな下半身を鍛えられる有酸素運動と言えば「スクワット」がおすすめです。詳しくはこちらでも紹介しています。

【首肩のコリは美髪の天敵!】血行不良を改善するストレッチとは首や肩のコリが気になっていはいませんか?体のどこかしらにコリが生じているということは、体が血行不良になっている証拠です。 体が血行...

 

髪の毛には栄養補給も

筋トレによる身体への効果は説明した通りですが、筋トレと並行して摂取することで更に美髪を目指せるものを紹介します。

汗には「亜鉛」が多く含まれているのは有名な話ですよね?汗と一緒に流れてしまった亜鉛は、食事から摂取しないと、体の健康を悪化させることにもなりかねません。

特に、髪の毛の主成分であるたんぱく質を合成する働きが亜鉛にはあり、その亜鉛が足りなくなることで、お肌のターンオーバーや髪のヘアサイクルを乱すことにも繋がります。

筋トレで汗を大量にかくことで亜鉛不足となり、味覚障害や内臓の機能を発生させない為にも、牡蠣や小麦胚芽といった、亜鉛の多く含まれる食材を食事に取り入れるようにしましょう!

また、主に大豆製品に含まれる「イソフラボン」は、薄毛の原因ともなる男性ホルモンを抑制することでも有名です。

ポイント💡イソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」と似たような性質を持っており、女性ホルモンの分泌を助けて、肌に大事なコラーゲンを作ったり肌を潤わせる効果があります。

イソフラボンには、髪の発毛を手助けするアミノ酸の元となるたんぱく質やビタミン、亜鉛も多く含まれていて、女性にとっては欠かせない成分であると言えますね!

筋トレ後は亜鉛不足となり、これらの栄養素を吸収しやすい状態になっています。

筋トレ後に豆乳を飲むことで、効率的に亜鉛やイソフラボンを摂取できますよ!

 

まとめ

筋トレは、筋トレだけでなくその後のプラスアルファで、更に体に良い効果をもたらすことが出来ます。

「筋トレは薄毛を招く。」などと心配せずに、頭皮環境と同時に行うケアに注目して、美髪への糧としてみて下さい!

くれぐれも、「やり過ぎ。食べ過ぎ。」には注意して、自分のペースでケアを行っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。お風呂前の筋トレと、お風呂上がりの栄養補給で更なる美髪を目指しましょう!

ABOUT ME
かりん
かりん
1歳児を育てる主婦。 10年以上こだわり抜いたヘアケア情報は、10年近くお世話になっている美容師からもお墨付き。 様々な髪の悩みを解決するべく、ヘアケア情報を提供中。 アイドル・可愛い子が大好き。
RELATED POST