美髪になる為の知識

【ニット帽子の静電気で髪が傷む恐れあり!】乾燥が美髪を閉ざす

寒い季節になると、帽子が欠かせないですよね?帽子と言っても色々な種類がありますが、特に冬などの寒い時期は”ニット帽”が活躍します。

しかし、どうしてもその暖かさと引き換えに、髪の天敵でもある静電気が付いてきますよね。静電気は髪を広げて、一度起こると髪を直しにくくしてしまいます。

ニット帽に限らず、「いつでも帽子を被ると静電気が起こる…」という人は帽子選びが間違っている可能性があります。

そこで今回は、帽子によって起こる静電気が髪にもたらす影響と、静電気が起こりにくい帽子についても紹介します。

 

髪に静電気が起こる仕組み

まず、静電気対策をする上で重要なのが、そもそもなぜ静電気が起きてしまうのかという点です。

「摩擦によって静電気は起きる。」これを念頭に置いておきましょう。

静電気というと、秋から冬にかけての寒い時期に突如発生し出しますよね?寒くなると着る服の量が増え、その服同士が摩擦を起こし、静電気が発生するのです。

例えば、下着にハイネックの長袖、コートにマフラー、手袋と帽子…と、着るものを重ねていくに連れて、静電気は発生しやすくなっています。

まさに”歩く静電気”のようになっているんですね!

また、もう一つの要因としては外の温度の低さが関係しています。温度が低ければ低いほど、静電気は外に逃げられなくなり、私達の周りで活動してしまいます。

同時にこれには水分量も関わっています。大気中に水分が多いほど、皮膚の表面から自然放電をしますが、乾燥している場合は静電気が外に逃げてくれなくなるんですね。

夏の暑い時期でも静電気は起こる可能性はあります。しかし、半袖半ズボンで過ごすことが多く、他の衣類と擦れ合うことが少ないのです。

着ている服の量と、外に出ている顔や腕などの肌量によって静電気の発生する確率は変わってきます。

ポイント💡静電気の仕組みは以上ですが、ここで重要なのが、”髪が乾燥していると静電気は起こりやすい!”という点です。

空気中の乾燥だけでなく、髪や肌が乾燥していることによっても静電気は発生しやすくなってしまいます。

 

静電気が髪に与える影響

静電気は、年齢を重ねるほど発生する頻度が多くなります。その理由は、肌や髪の乾燥が増えるからです。

年齢を重ねるたびに、髪や肌の潤いが衰えてきますよね?普段から保湿に気を遣っている人でも、年々乾燥する頻度が多くなり、同時に静電気を受けてしまう回数も増えてしまいます。

肌が乾燥していると静電気が自然放電をしなくなり、体内に溜まってしまう為、少しの摩擦でも「パチッ!」と起こりやすくなるのです。

そんな静電気が、髪で起こるとどうなるでしょうか?手で静電気を感じる時よりも痛さは感じないものの、髪へのダメージが気になりますよね。

ポイント💡静電気が髪に伝わると、髪の毛を守るキューティクルが剥がれてしまい、髪の内部が剥き出しになってしまいます。

剥き出しになった髪の毛は、外的ダメージを存分に受け、特に空気が乾燥しているほど髪内部の栄養素がどんどん外に出て行ってしまいます。

結果、髪がパサついて広がったり、チリチリとした髪が出来上がってしまうのです。

寒い冬に重宝してしまいがちなニット帽は、この静電気を発生しやすいと言えます。

長時間ニット帽を被っていると、それだけ帽子の中が蒸れて水分が多く発生します。酸化した汗が溜まった好条件で髪と帽子が摩擦を起こすことにより、静電気が出来上がるのです。

酸化した汗が長時間ニット帽の中で滞在していることも、髪や頭皮にとっては悪影響を及ぼします。なので、なるべく長時間の帽子着用はおすすめしません。

 

美髪への静電気対策

静電気は、温度の低さ・乾燥によって起こると説明しました。ではその対策はと言うと、一番重要なのが加湿です。

加湿によって肌と髪が潤うことによって、静電気が発生しにくい環境を作ることが出来ます。

室内で加湿をする場合は、大体50~60%ほどに設定すると良いでしょう。

加湿のし過ぎは、カビなどの菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。窓などに水滴が溜まって汚れが溜まり、結果的に空気を悪くして身体に影響を与えないように気を付けて下さい。

また、夏に限らず冬の乾燥する季節でも、体は脱水症状を引きを起こす可能性があります。

体内の水分量を高める為にも、加湿は大事な要素だと言えますね。

体内の水分量は、肌や髪の潤いにも直接影響を及ぼすので、室内にいようと関係なく、こまめな水分補給が必要です。

美髪になるには、静電気を起こしにくい環境づくりが大切です。スタイリングをする時にいつも静電気が起こる…という人は、スタイリングをする場所にも加湿器を設置しましょう。

摩擦によって起こる髪へのダメージを抑えるには、

・帽子を長時間被らないこと。

・加湿をして乾燥しない環境づくりをすること。

この2点が重要です。

 

静電気を起こしにくくするには

静電気を起こさない為には、帽子を長時間被らないことと加湿を十分にすることが大切だと説明しました。

しかし、寒い季節はどうしても帽子が外せないですよね?

そこで、少しでも静電気の発生確率を少なくするための方法を紹介します。

帽子を被る際には、被る時と脱ぐときに静電気が起こりますよね?静電気を抑えるには、被る時にはゆっくりと摩擦を起こさないように被りましょう。

摩擦を起こさなければ静電気は発生しません。簡単な工夫で静電気の発生を抑えることが出来ます。脱ぐ時にも、ゆっくりとなるべく擦らないようにすると効果的です。

また、帽子の種類についても考えてみて下さい。帽子の種類でも静電気の発生しやすいもの、しにくいものがあります。

帽子は、その使われている素材によって静電気の発生率が変わります。化学繊維のものと天然繊維のものとでは、静電気の起こる量が全然違います。

化学繊維よりも天然繊維の方が静電気は起こりにくいです。なぜ天然繊維の方が起こりにくいのかというと、天然繊維には「絹・綿・麻・羊毛・カシミヤなど」があります。

これらの繊維は、摩擦を起こしにくくするので静電気対策には最適です。髪の為に静電気を抑えたかったら、帽子選びにも注目して下さい。

 

まとめ

静電気は乾燥する季節にはどうしても付いてくるものです。「夏の紫外線から少し解放されたと思ったら、今度は乾燥…」嫌になってしまいますが頑張って乗り切っていきましょう!

何事も目標を立てて、”自分のこれの為だったら!”とモチベーションを高く持って、毎日のケアに取り組んでいきましょうね。

ヘアケアには日々の生活習慣の見直しが大切です。生活習慣が髪や体に与える影響についても、他の記事で紹介しているので参考にして下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。寒さ・乾燥に負けずに、美髪を目指しましょう!

ABOUT ME
かりん
かりん
1歳児を育てる主婦。 10年以上こだわり抜いたヘアケア情報は、10年近くお世話になっている美容師からもお墨付き。 様々な髪の悩みを解決するべく、ヘアケア情報を提供中。 アイドル・可愛い子が大好き。
RELATED POST