ヘアカラー

【必見】ヘアカラーが染まりやすい人と染まりにくい人の特徴とは

イルミナカラーの特徴3つ!

「初めてヘアカラーをしてみたけど、思った通りの色にならなかった…。」という経験はありませんか?

せっかくイメージチェンジしたいと思ったのに、綺麗に染まらないとガッカリですよね…。

ヘアカラーを行う時って、白髪隠しの場合と、オシャレにする為と理由は様々ですが、自分で染めた場合は特に、綺麗に染まらずにストレスになってしまいます。

「ヘアカラー失敗した…。」と感じるのは、思い通りの色にならなかった・カラーが全然入らなかったというパターンがあると思います。

そんなカラーの染まり方の違いには、どんな理由があるのでしょうか。今回は、カラーが染まりにくい人の特徴とそのヘアケア方法について説明します。

 

ヘアカラーとは

一般的に、ヘアカラーは「永久染毛剤」と呼ばれ、髪の毛の表面を覆っているキューティクルを薬剤で開き、その中に染料を注入することによって髪の毛に色を付けます。

髪の毛の主成分はタンパク質なので、キューティクルを開くためにはアルカリ性の薬剤が使われます。この薬剤が、髪内部のメラニン色素を分解することによって髪の脱色が起きるのです。

ヘアカラーに使われる過酸化水素水が、メラニン色素を脱色した後、染料と結合することで発色するということです。

ヘアカラーは、メラニン色素を脱色するので染料が良く染まり発色が良いのと、内部まで染まることによって、長くて3ヶ月はその色味が持続するという点が特徴です。

ポイント💡市販のヘアカラー剤には、チューブタイプのもの、泡タイプのポンプ式のものなどがあります。市販のものは安いのが特徴ですが、刺激の強い成分も含まれている為、髪を傷める原因となります。

カラー剤は人によってアレルギー反応が出る場合もある為、初めての使用には十分に注意して下さい。

 

ヘアカラーが染まりやすい人の特徴

ヘアカラーの薬剤は、ただ単に髪に塗るだけではちゃんとした効果は発揮されません。自分の髪質や質感、ダメージの状態によっても使う薬剤を選定する必要があります。

「カラーをするといつも思ったより明るくなる。」と感じている人は、ヘアカラーが染まりやすい人だと言えます。

ヘアカラーが染まりやすい人の特徴は、

・髪質が猫っ毛のような細くて柔らかい髪の毛

・軟毛と呼ばれる髪の毛

・地毛が黒色よりも茶色寄りの髪の毛

このような髪の毛の人が、染料が浸透しやすく染まやすいタイプとなります。髪が細いと、軽くて絡みやすいのが特徴ですよね。細毛の改善をしたいなら、こちらを参考にして下さい。

【ヘアケアの選び方で細毛改善!?】髪を太くする5つの方法とは抜け落ちた髪を見た時、「あれ、私の髪の毛ってこんなに細かったっけ?」と不安になる時ありませんか? 髪の長い女性の場合は特に、1本で...

髪が染まりやすい=髪が傷みやすいとも言えます。

また、染まりやすくても髪の毛の密度が低い為、染料の定着量が少ないことによって、ヘアカラーの持続期間も短くなってしまう、といったデメリットもあります。

染まりやすさにこだわるなら、ブリーチをして髪を傷ませてからヘアカラーをする方が良く染まります。ですが、同時に髪や頭皮を大幅に傷めることにも繋がるので、あまりおすすめはしません。

 

ヘアカラーが染まりやすい人に似合う髪色

ヘアカラーが染まりやすい細くて柔らかい髪質の人は、アッシュ系の色や黄色みがかった色が出やすいという特徴があります。

明るめの色が似合い、逆に赤系やピンク系の色は脱色しやすいので、ヘアカラーの長期間の維持は難しいでしょう。

しかし、期間が短い為に、何度も何度もヘアカラーを行うことは、自分の手で髪や頭皮を傷めてることになります。

長い期間綺麗な髪を維持したいなら、まずは髪を太く硬くすることに注力しましょう。

ダメージに強い髪は、同時にカラーリングが一度定着してしまえば、色が落ちにくい髪へと変貌します。

また、アッシュ系の髪色をなるべく長く維持したい場合は、シルバーシャンプーを使用してみて下さい。詳細は後ほど紹介します。

 

ヘアカラーが染まりにくい人の特徴

基本的に、「日本人の髪色である黒色は色が付きにくい」というのは想像しやすいですよね?黒い絵の具を真っ白にしようと思ったら、相当な量の白色が必要になります。

そこで、ヘアカラーには脱色をする成分が含まれていて、「一度黒色を取っ払ってから色を付ける」という作業に入るのです。

しかし、髪質によってはこの脱色が上手くいかず、染まりにくいといったことが発生します。

ヘアカラーが染まりにくい人の特徴は、

・髪1本1本が太くて硬く、たくましい髪の毛

・剛毛と呼ばれる髪の毛

・地毛が日本人特有の真っ黒な髪の毛

このような髪質の人が、染料が浸透しにくく染まりにくいタイプとなります。市販のカラー剤では染まりにくい為、美容室で染めてもらうのが効果的です。

本来、日本人の髪の毛は”太くて硬い”というのが特徴ですが、近年の女性は栄養不足が原因で、細毛によって切れ毛や枝毛を発生させるリスクが高くなっています。

【栄養不足で若者に細毛が急増!】成長を妨げる原因改善方法とは近年の若者世代に、細毛や軟毛化が進行しているのを知っていますか? 年々と、10代や20代の若者の髪の毛には変化が訪れています。特に...

太くて硬い髪は、スタイリングがしにくいというデメリットはありますが、髪や頭皮が健康であるという象徴でもあります。

染まりにくいからとヘアカラー剤を頻繁に使い、今の健康な髪の毛を損なわないようにして下さいね。

 

ヘアカラーが染まりにくい人に似合う髪色

ヘアカラーが染まりにくいということは、キューティクル内部のメラニン色素の脱色が上手くいっていないことになります。

なので、赤色や黄色が残ったままの髪の毛には、赤系やオレンジのような暖色系の色が染まりやすく、大きく広がった印象を与えることが出来ます。

しかし、アッシュやベージュ系のカラーリングには苦労するので、時間を掛けてヘアカラーをするのも面倒臭くなってしまいますよね。

だからこそブリーチをしてしまう人が多いのですが、一度脱色してしまった髪の毛は元に戻すのには相当な時間と労力、お金を消費します。

なるべく、長い時間を掛けて綺麗な髪に近付けていくことが、今の髪を大切にする上でも重要です。

 

染まりにくい人はブリーチをするという手も

「髪が傷んでも良いから、とにかく綺麗に染めたい!」という人もいますよね?

染めやすくする一番簡単な方法は、ブリーチをすることですが、これは日本語訳すると「漂白」なので、自ら加齢によって起こる白髪を引き起こしていることになります。

ブリーチをすると、当然髪や頭皮へのダメージも大きくなり、将来の髪の毛にも影響を及ぼしてしまいます。

一度ブリーチをしてしまった髪の毛は、簡単に元には戻りません。

白髪の人を想像すれば分かりますが、食事を改善したり、白髪染めをいくらやったところで、白くなってしまった髪の毛を、また地毛の色に戻すのは非常に困難なのです。

カラーが染まりにくいと悩んでいる人は、即効性のあるブリーチに頼るのではなく、時間を掛けて自分の好みの色に近付いて行くことが大切ですよ!

また、薬剤には段階があり、染まりやすいものから染まりにくいものまで、刺激の強さによって変わってきます。当たり前ですが、染まりやすいものは刺激の強い成分が含まれています。

ポイント💡ブリーチに頼らなくても、このカラーリング剤の刺激の強い成分によって、髪や頭皮にダメージを与えない為にも、徐々に段階を上げていくようにしましょう。

時間は掛かったとしても、髪や頭皮を想ったカラーリングが、将来の髪も最終的な仕上がりも美しく導いてくれるはずです!

 

アッシュ系ヘアカラーはシルバーシャンプーで維持!

せっかくカラーリングで綺麗にした髪でも、「すぐに色が落ちてはまた染め直し…」では、髪や頭皮が可哀想ですよね。

そんな時には、シルバーシャンプーを使いましょう!シルバーシャンプーは、アッシュ系の色やグレーなどの寒色系と黒茶系の染料が加えられたシャンプーです。

日本人の髪色は黒く、ヘアカラー剤やブリーチを行っても、どうしても赤黄色の茶髪が残ってしまいます。

寒色系のアッシュカラーを作り出すには、この赤黄色はとても厄介な存在なのです。

でも、美容師はアッシュカラーを綺麗に作り出していますよね?その技術は、赤色や黄色の補色である青色や紫色のヘアカラーを少しプラスし、黄色や赤色を打ち消すという技術です。

それによって、寒色・無彩色カラーを表現しています。シルバーシャンプーは、寒色系に、くすませ効果のある黒茶緑系の染料をプラスすることで補ってくれます。

よって、くすみがかったアッシュ系の色が長持ちするのです。そんなシルバーシャンプーでおすすめなのが、Royd(ロイド)のシルバーシャンプーです!

ポイント💡ロイドのシルバーシャンプーは、大人気のROYDシャンプーから誕生したプレミアム使用のシャンプーで、11種類のアミノ酸を配合し、独自のトリートメント効果を実現しています。

しかもプレミアム版は、従来品の約1.6倍の500ml入りとなっているだけでなく、価格も低く抑えた、非常にコスパの良いシャンプーとなっています!

当然、通販サイトのAmazonでもベストセラーに入るほどの人気ぶり!是非、高評価のシルバーシャンプーで傷んだ髪をケアしながら、カラーの持続期間も長く伸ばしてみて下さい。

ちなみに、乃木坂46のアイドルも御用達のカラーシャンプー、口コミはこちら。

まとめ:カラーシャンプーでヘアケアとカラーの持続を同時に行う!
【口コミ】乃木坂愛用!コスパ最強の人気N.カラーシャンプーとはヘアカラーをした後、「いつもすぐに色が落ちるんだよな…。」と感じていませんか? 最近人気の、ブリーチなしで綺麗な透明感が出る”イル...

 

ヘアカラーのダメージケアにはHANAオーガニック!

ヘアカラーは若い世代だけのものではなく、40代を過ぎて白髪が目立ってきた女性にとっても非常に大切なヘアケアです。

白髪染めやヘアカラーによるダメージや、女性ホルモンの減少などによって起こる頭皮環境の乱れ。様々な要因で女性の髪や頭皮はダメージを負っています。

加齢によるものは避けられないものとはいえ、”なるべく綺麗でいたい!”と思うのが女性の心理ですよね!?

若い頃からヘアカラーや間違ったヘアケアで与えたダメージは、年齢を増すごとに重大な髪の悩みとして表に現れだします。

そんな悩みを隠す為に行ってしまうのがヘアカラーです。ダメージを負った髪の毛を隠せば隠すほど、ダメージはどんどん蓄積されていきます。

「ヘアカラーによる自分の髪へのダメージが将来的に心配…。」と感じている人は、この機会に現代の女性の髪を調べ上げたオーガニックシャンプーを試してみて下さい。

私がおすすめするオーガニックシャンプーは、HANAオーガニックリセットシャンプー&3WAYトリートメントパックです。

※大人の女性に大人気の雑誌、「リンネル」2019年度2月号の「リンネル2018ベストコスメ大賞」において、”ヘアケア部門1位”に選ばれました!

ポイント💡HANAオーガニックのシャンプー&トリートメントは、女性の乱れたヘアサイクルを整えて、ヘアカラーなどのダメージを修復してくれます。

ヘアカラーを行いながら、頭皮ケア・ダメージケアを行いたいなら、どんな年代にも合うHANAオーガニックシャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

口コミのまとめや、実際の購入レビューもあります!

まとめ:効果なしは嘘!早めの白髪染めケアで美髪を目指す!
【口コミ暴露】HANAオーガニックシャンプー効果なしは嘘!? こんな疑問・要望に答えます。 今回は、メディアにも多数掲載中の国産オーガニックコスメNo.1ブラン...
まとめ:40代からの白髪染めケアで、周りよりも若々しい髪を目指す!
【驚愕レビュー】HANAオーガニックシャンプー&トリートメントHANAオーガニックリセットシャンプー&3WAYトリートメントパックが気になるなー。40代を過ぎて白髪染めで髪の毛が傷んできたから、ケアがしたい…!実際の徹底レビューはないかな?こんな疑問に答えます。ヘアカラーなどで傷んだ髪の毛がサラサラに!口コミは正しいのか、ヘアケア大使が購入してレビュー!...

 

まとめ

今回は、ファッションの一部でもあるヘアカラーの、染まりやすい人染まりにくい人の特徴について紹介しました。

せっかくお金を掛けてヘアカラーを行ったのに、「少しの間しか持たない。やる度に髪や頭皮が傷んでいく。」

これでは、いつまでも綺麗な髪を維持するのは不可能ですよね。

なるべくヘアカラーの頻度を減らし、加齢による髪や頭皮へのダメージを軽減する為にも、日頃からシャンプーやトリートメントでのヘアケアを怠らないようにしましょう!

細毛の人は、今はヘアカラーが染まりやすくスタイリングがしやすいかもしれませんが、将来的には外を歩くのも恥ずかしくなるほどの薄毛に悩まされるかもしれませんよ?

最後までお読みいただきありがとうございます。自分の髪質を活かし、いつまでも美しい髪でいられるように、ヘアカラーにもこだわりましょうね!

ABOUT ME
かりん
かりん
1歳児を育てる主婦。 10年以上こだわり抜いたヘアケア情報は、10年近くお世話になっている美容師からもお墨付き。 様々な髪の悩みを解決するべく、ヘアケア情報を提供中。 アイドル・可愛い子が大好き。
RELATED POST